高寿会

ご挨拶と理念

理事長ご挨拶と理念

 
高津悟

当法人は、地域医療に貢献すべく昭和62 年に高津診療所を開設し、以来、30 年近くに 渡り千里ニュータウンを中心に北摂の地域に根ざした医療を提供して来ました。現在で は、医療に加え2000年に始まった介護保険制度に伴い、デイサービスセンターやグルー プホーム、有料老人ホームなどの各種介護福祉事業も展開しており、さらに平成17年に は厚生労働大臣認可・大阪府知事認可の理学療法士養成校・専修学校である「近畿リハビ リテーション学院(昼間部・夜間部)」を開設し、地域医療に貢献しうる医療専門職の人 材育成にも力を入れております。

これらの事業経験の中で、当法人は歴史的にも例を見ない超高齢社会が我が国に押し 寄せていることを実感として充分に認識しております。

総務省統計局のデータ(平成27年8月1日現在)によれば、我が国の65歳以上の高齢者人口は、過去最高の3,372万人であり、高齢化率も26.6%にも達しています。そして、今後、高齢者は平成54(2042 年)まで30 年以上増加し続けると言われています。また、高齢化率に至っては、その後も増加し続け、平成67(2055)年には40.5%にも達し、何と国民の2.5人に1人が65歳以上の高齢者となる社会が到来すると推測されています。

その中でも、ご承知の通り、豊中市・吹田市にまたがる千里ニュータウン地域は特に高齢化率が著しく、2009年には既に30%を超えている特別な地域となっております。

この様な情勢にあって、この千里ニュータウン内にある当法人グループの本部である 高津診療所の患者層も当然の様にご高齢者の方がその多くを占めます。また、この地域のご高齢者の独居率においてもその割合は高く、その背景には核家族化・少子化・景気等の社会的情勢・構造の変化などが複雑に絡み合っています。それらはいずれも直ぐに解決できる問題ではないと思います。そして、健康面や介護を含む生活支援について、ご高齢者の方々は何らかのご不安を抱えている方がほとんどであり、当法人の診療所や介護支援センター、介護関連施設、或いは在宅医療・在宅介護においてご相談を受けるご高齢者またそのご家族は後を絶ちません。

この他、我が国の現状として、医療費の削減によって入院日数に制限があるため、退院 後の療養支援が必要な方々は多くいらっしゃいます。また、全国で45万人もいると言われる特別養護老人ホームの入居待機者の入居までの受入先の施設が必要です。これらに対応できる包括的な役割を持った施設として「有料老人ホーム」の存在があります。

当法人は医療・介護の相互ネットワークを最大限に発揮し、ご利用者様の健康状態の維持・向上に努め、「安心・安全」をプラスして、より良いご高齢者の方々に対するサービスと地域社会への貢献をして行きたいと考えております。

当法人は、30 年近くに渡って地域に密着した医療サービスを中心に、介護・福祉サービス事業、そして医療教育事業を運営して参りました。これらの事業経験・知識・ノウハウを活用し、更には前述した様な歴史的にも例を見ない我が国の超高齢社会に対応した新たな医療・介護・福祉の総合的サービスを地域の皆様に提供して参りたいと思います。


入居相談

採用に関するお問い合わせ

近畿リハビリテーション学院