高寿会

高津診療所

診療所

大阪府吹田市桃山台2-5-13
TEL/FAX :06-6835-2623

診療科目

 

内科、外科、整形外科、脳神経内科、脳神経外科、人間ドッグ、脳ドッグ、糖尿病ドッグ、往診(内科、整形外科)

医師

 

院長 高津 (内科、外科、整形外科、循環器、消化器、救急医療)

医師 田口 (内科、整形外科)

医師 堀   (放射線治療)

主要医療機器

 

全身MRI、全身三次元CT、X線テレビ、内視鏡、高出力レーザー治療器、骨量測定器 等 
※常時検査可能

脳神経内科・脳神経外科専門外来

担当医 田口医師
     高津医師

CTスキャン

検査時間が5分程度と短く、脳血管障害(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血、慢性硬膜下血腫など)、脳腫瘍、脳の萎縮や水頭症の診断に使います。

頭部MRI検査

磁気共鳴を利用し、検査時間は20分程度で脳のCT検査より細かい画像が得られ微小脳梗塞(ラクナ梗塞)が診断でき動脈硬化の管理(例えば高血圧)を厳重にすることで、脳卒中への進展を予防できます。また、脊髄小脳変性症の診断やアルツハイマー型認知症と、脳血管性認知症の鑑別にも有用です。

     

頭部MRA検査

脳の大きな動脈を描出することができくも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の発見に有用です。

全身MRI検査・CT検査(内科・整形外科領域)

MRI

MRI

レントゲン(X線)検査では判断が困難な軟部組織(筋肉、靭帯、軟骨、神経、血管など)の病変が明確に描出出来るため、腫瘍、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、筋損傷、半月板損傷をはじめとした様々な疾患の診断容易かつ正確にできます。 検査はベッドに安静にしているだけで20分程で終了し、痛みなどの苦痛もなく、放射線のような人体への影響はないと言われています。

CTスキャン

CTスキャン

肺癌の早期発見には、胸部CTと喀痰検査(細胞診3回法)が必要。市の検診では不十分です。 肺癌の大部分は末梢部肺癌です。そのため複雑な構造を示す3次元の胸部全体を1枚の平面写真である単純X線撮影では早期発見に限界があり、微小病変をとらえる胸部CT撮影が必要なのです。 又肺門部肺癌(扁平上皮癌、小細胞癌のことが多い)の早期発見には、喀痰検査を併せ行う必要があります。

入居相談

採用に関するお問い合わせ

近畿リハビリテーション学院